0266-43-2700

営業時間  9:00〜18:00

MENU

長野県で活動している採胚技術者(通称:ET)のHP

スタッフブログ
2022年11月16日
活動日記
肌寒くなってきた今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

さて、エアーズロックETクリニックのHPを更新いたしました。
更新箇所は2ヶ所です。

〆嶺の動画
以前撮影したものから、最新の動画に更新しました。
リンクはこちら

外観写真(HP共通部分下部)
こちらも最新の写真に更新いたしました。



おかげさまで充実した毎日を送っております。
皆様におかれましても、お身体など大切に日々をお過ごしくださいね。
2022年08月15日
活動日記
涼しい風が吹くことも増えてきた長野の気候ですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
エアーズロックETクリニックは毎日、ありがたいことに東奔西走がんばらせていただいております!

さて、ささやかなご報告ではありますが、トップページにFacebookのリンクを追加いたしました。
Facebookを利用されている方はお気軽に見てみてくださいね。

Facebook

 
2020年09月14日
活動報告

実業家へのインタビュー 小松洋太郎


アメリカの大学でビジネスマネジメントを専攻している娘の公開インタビューに一実業家として参加させて頂きました。
せっかくの機会ですので、日本語と英語両方でこちらにもアップしたいと思います。

以下、インタビューの内容となります。
なかなか話すことのない私の理念などを語るいい機会をいただきました。
よろしければご一読下さい。


実業家へのInterview

実業家の氏名 Name of the Entrepreneur
小松洋太郎 Yotaro Komatsu
ビジネス名 Name of the Business Ayers Rock ET Clinic


【質問1】 自身のビジネスを展開する中で一番やりがいがある、または好きなことはなんですか?
What do you like the most about creating and managing your own business?

【回答】クライアントの笑顔がやはり一番のやりがいになります。 具体的には、受精卵を移植した後に無事に妊娠診断が出て、エコーで胎児が映ったときの農家の皆様の笑顔が一番嬉しいです。 また、借り腹のホルスタインから黒毛和牛が生まれるその場に居合わせたときの感動は本当 に大きいです。
[Answer] The smiles that my clients show. To be more specific, when the procedure of an embryo transfer has been done and the pregnancy test came back with positive, my clients shows big smiles on their faces. I like to see their joy especially when they are seeing the ultrasound. In addition to that, I sometimes happened to encounter the moment when a holstein gives a birth to Wagyu, and that is something so special while I operate my own business.

【質問2】若い実業家の卵たちにアドバイスをするなら?今すぐにビジネスを始めたい若者たちにアドバイスをするなら?
What is your advice for young entrepreneur who want to succeed in business? What is your advice for young entrepreneur who want to start business now?

【回答】しっかりと今自分が置かれた立場を理解して、その立場でしっかり勉強をし続けることですね。それから、質の良いネットワークを作ることも大事です。将来に絶対に生きてきます。それと同時に自分自身のスキルをアップさせることも怠らないこと、ですね。
[Answer] Study hard and keep learning as much as possible in your current environment. Create a good network and always get your skills to be updated, constantly.

【質問3】 現在の業績を1~10で測るとしたら今自身の会社はどれくらいですか?
On a scale from 1 to 10, what are the conditions or your startup currently?

【回答】8ですね。私の中では、このビジネスにはまだまだ伸び代があるという確信があります。クライアントの数は、この先もっと増えていくと思っています。時間はかかると思います。自分が自信を持って「10の業績です。」と言えるまでこの先10年はかかるとは思っていますが、80歳まで現役で頑張るのが目標なので問題ありません。
[Answer] 8— there is still room to grow my business. In my current prediction, the number of my clients will go up eventually, in 10 years, my business could reach where the 10 is. I am not going to retire until at the age of 80, so I have no concern about that.

【質問4】 もし東南アジア(タイなど)の海外進出があるとしたら、そのビジョンはどんなものですか?
How do you describe the overall conditions for startups in Thailand?

【回答】もし将来そういう機会があるとするなら、自分や会社が儲ける目的ではなく、その地域の経済が潤うように、より多くの就業機会を作ることを目的としたビジネスになると思います。 JAICAとか青年海外協力隊のような位置付けになると思います。
[Answer] My business is currently operated in Japan but if I ever expand my business to Thailand, the ultimate goal should be making the living environment better for local people in Thai. I would like to create job opportunities for them and make them happy. I would not try to maximize the profit for me, I will do the work with my pure heart of helping people.

【質問5】 あなたを突き動かすものは何ですか? What keeps you going?
【回答】私のビジネスというのは、相手から求められて初めて成立します。農家の皆さんからの熱意や期待感に出来るだけ応えたい、どれだけ応えることが出来るのか、その一心で日々過ごしています。
[Answer] My job only exists because there is strong needs from my clients. The passion and high expectations from my clients keeps me going every single day.

【質問6】ユニークなビジネスをしていると思いますが、経営をする際に財務的に気を付けていることはありますか?
Your business is very unique and original, what kind of things you keep it mind when it comes to financial matter?

【回答】私の方で使用しているマテリアルは、ディスカウント品ではない最高級品です。最高のパフォーマンスを提供している自信はあるので、それに加えて、妥協のない最高級マテリアルを使い農家の皆様へ還元することを一番に考えています。
[Answer] I will never try to cut cost to get more profit. All products that I use daily are the premium qualities. I provide the best performance with the best product.

2020年02月20日
活動報告
皆様、寒い日が続きますがどうおすごしでしょうか。
この度、エアーズロックETクリニックのラボを移転致しました。
住所が変更になりましたので、お手すきの際にご確認いただければさいわいでございます。

★新住所
長野県上伊那郡辰野町大字赤羽410

心機一転、益々励んで参ります。
どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

2019年05月22日
活動日記


上伊那農業高校での活動が、長野日報さんの新聞(令和元年5月17日)に載りました。
(画像をクリックorタップすると拡大画像が表示されます。)
これからの未来を担って行く若い世代に、和牛の受精卵移植技術に触れるを持てたことは、一技術者として光栄に思います。
目に触れる機会がございましたら、新聞などもご覧くださいませ。